« MBA3 | トップページ

2019年9月 9日 (月)

小惑星探査機「はやぶさ2」に見る先端技術とマネジメント

技術士会登録グループ IT21の会9月例会に行ってきましたので,報告します。

JAXA宇宙科学研究所教授 久保田孝 氏

航行制御には,電波のドップラー効果で誤差が100km,これに画像による2枚の写真から動くものを追跡することでリュウグウを目指した。

着陸の際に使用したターゲットマーカーは,お手玉をヒントに小さい重力でもボールのように反発しないものを開発。

地球からコマンド送信して応答が返ってくるのに30分かかる。ミッションはタイムラインであらかじめ動作を教えて,安全かどうかをはやぶさ2が自律して判断する。

通信はX帯は長野県臼田のアンテナで運用。Ka帯(4倍のデータ送信可能)は海外のアンテナで運用。それでフランス,ドイツの着陸探査機を搭載したという国際協力の成果。

今後の宇宙探査は,国際協力で月着陸や火星のフォボス,ダイモスへの探査と広がる。

タッチダウンの映像など貴重なものを見せて頂き,とても有意義でした。

 

 

« MBA3 | トップページ

技術士(総合技術監理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MBA3 | トップページ

フォト

twitter

バナー

  • 世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン">
無料ブログはココログ