« 技術者倫理 | トップページ | podcastで東大公開講座 »

2010年5月 1日 (土)

大量絶滅

2週間前の勉強会で,話題に出た砥石型頁岩について。

これは秩父帯に産する頁岩で,岩盤浴に使われる黒い石だそうです。

北海道桧山郡上ノ国神明が産地とのこと。別名黒鉛珪石とかブラックシリカ。

P/T境界(Premian/Triasic)ペルム紀/三畳紀,2億5千万年前の古生代/中生代境界の岩石です。

この時期生物の95%が死滅したのですが,2000万年間の超酸素欠乏事件(スーパーアノキシア:Superanoxia )といわれています。

今から2000万年前(20Ma)といえばまだ日本列島が大陸にくっついていた時期なので,そんな長い期間,酸素濃度10%だったら大量絶滅が起こるのも納得です。

この原因はいろいろ考えれていて,例えば火山活動で大量のCO2が排出された。シベリアにある洪水玄武岩が根拠であるとか。

ちなみに,K/P境界(Kreideドイツ語/Paleogene)白亜紀/古第三紀(新生代前期が現在の名称でしょうか)中生代/新生代境界の大量絶滅は,巨大隕石が原因と結論が出ています。

« 技術者倫理 | トップページ | podcastで東大公開講座 »

地質一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557372/48235305

この記事へのトラックバック一覧です: 大量絶滅:

« 技術者倫理 | トップページ | podcastで東大公開講座 »

フォト

twitter

バナー

  • 世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン">
無料ブログはココログ