« 技術士とは | トップページ | 試験が終わった »

2010年5月16日 (日)

地質調査業の将来

昨日,地球科学者ユニオンの談話会で,元埼玉大の関陽太郎先生の話を拝聴した。地質調査業に明日はないとの内容だった。

生徒もフィールドワークしたがらない。高校の先生は減少,大学の石油・鉱床学は皆無。

地質の未来は,外国人留学生に頼るしかないのだろうか。

解決策はすぐにどうこうできるものではない。でも,今自分に出来ることをしよう。

たとえば,子供たちに地学の楽しさを知ってもらうこと。化石堀りとか鉱物採取。

小学校の理科ボランティアなんかいいのでは。

« 技術士とは | トップページ | 試験が終わった »

地質一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557372/48372624

この記事へのトラックバック一覧です: 地質調査業の将来:

« 技術士とは | トップページ | 試験が終わった »

フォト

twitter

バナー

  • 世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン">
無料ブログはココログ