2018年7月 8日 (日)

MBA3

マーケティング

ブルーオーシャン戦略として、Times駐車場運営パーク21の事例から、取り除く、減らす、増やす、創造する。有人・立体駐車場をやめ、目的地の距離、見つけ易さ増やし、空き情報、ドライバーの優先順位と選択肢を創造している。ブルーオーシャンとは新市場で新たな価値と次元を生み出す価値革新である。世界初とか新製品は全体の30%である。探索と深耕の両利きの経営は必要である。ドラッカーの言葉で、顧客の創造がビジネスの目的、マーケティングとイノベーション以外はコストである。マーケティングの目的は、顧客の知覚価値を向上させる文脈を創りうk出し、行動変容と経済成果を実現し、新たな文脈を創る。受け取る側のどう感じるかが知覚価値である。自動車なら情緒的な運転する喜びが重要。

日本では技術部門、現場が強く営業がマーケティングを担ってきた。これから最高マーケティング責任者が戦略的マーケティングを担うべき。

価値の期待値。人は買おうとしているものが自分にもたらすと信じる価値の期待値にお金を払う。

顧客との関係の変化は、CRMからカスタマー・エンゲージメント・マネージメントの共創型へ変化。SNSでのイイね。

ネスレ日本のバリスタはアンバサダーにより、職場の休憩時間のコミュニケーションを活性化させた。バリスタは無償で、アンバサダーが定期購入することで家庭外シェアを取った。今ではキヨスクにバリスタを置く店舗、ファンケルと共同で抹茶に栄養成分を入れるウェルネスアンバサダーをしている。ネスレでは企業内でのイノベーションの提案で表彰をしている。このような仕組み作りが重要。

市場をセグメンテーションで共通項で顧客をまとめて、ターゲティングで特定の顧客に狙いを定め、ポジショニングで競合製品と差別化する。バリスタの軸は簡単で安定品質。アンバサダーの軸は手間なしで職場活性化。ウェルネスアンバサダーの軸は、ネスレブランドと健康志向である。

発明に便益と利益の創出というイノベーション、それに顧客の創造と維持のためにマーケティングが重要である。

以上

2018年7月 1日 (日)

MBA2

もう2か月前のを思い出しながら。「戦略的であるために」

戦略とは独自性のある価値あるポジションを創造すること、競争優位を持続的に達成する施策のこと。戦略的であるためには、

1.全体志向 5forceでもSWOT分析でもやりたい事が決まってからでないとできない。内的整合性はサウスウエスト航空の例では、多頻度・短距離・15分ターン・機体を新しいものにすることで事故がない。

2.重点志向 選択と集中 やらない事を考える。

3.顧 客志向 これが一番大事

 顧客の提案の理解しやすさ、金額の支払い易さ、オペレーションの学習コスト、メンテナンスコスト、後継機種へのスイッチングコスト

4,競争志向 同業他社だけでなく、潜在企業も含めた分析が必要

5、事実志向 固定概念を捨てる、測定されないものは改善されない。

6.利益志向 シェアではなくビジネスモデルの見直しを。

3と6はトレードオフとなり、マネジメントが必要である、

以上

2018年6月30日 (土)

MBA8

最終回から2週間がたっているので、早く書き留めました。

イノベーションは知と知の組み合わせで、それも探索と深化が必要である。このうち中期計画に取り入れ易いのは、もうかっているものに予算をつぎ込む深化であるが、それはコンピーテンシシー・トラップとなっている。

 知の探索に必要なのは、自分から遠くの知を幅広く持ってくることが必要である。個人レベルでは、失敗を受け入れる企業、促す仕掛け(例えばたばこ部屋、グーグルだとカフェやプールバー)ができないとイノベーションが起きない。特に社是に安全安心と謳うインフラ系企業、人事評価が成功か失敗である企業は難しい。

人脈レベルでは弱い結びつきの強さ+創造性+強い結びつきが実現に欠かせないので、弱い結びつきのチャラ男と根回しのできるおやじの組み合わせが考えられる。

またトランザクティブ・メモリーという(Who knows Wahat)が重要で、それにはメールとかではなく顔を合わせたコミュニケーションが必要である。

不確実性の高い時代にやってはいけないのは、正確な分析に基づく判断で、重要なのは納得性(腹落ち)である。そのために企業は長期ビジョンを掲げなければならない。

以上

2018年6月 9日 (土)

MBAエッセンシャル6

いきなり第6回に飛びます。前の記事を書き損ねました。記憶の新しい方から行きます。
これまで羞恥心があってなかなか見ず知らずの人と話すのを苦手に思っていたのに、この講義で吹っ切れました。やってみると楽しくて話がはずんでしまうのです。知は対話から生まれるを実感しました。
 組織と人材についての講義では、マネジメントとデベロップメントの違いが判りました。マネジメントは整理するもの収束するもので、木の刈込に当たる。デベロップメントは発散するもので木が広がり成長していくイメージです。
 また、適材を適所に配置するのは会社の思いで庭全体を扱うのに対し、適所に適材を配置するのは個人の思いで個々の草木のことを大事にすること。全体最適と個別最適はバランスが大事であること、生き生きとした組織を目配り・気配り。心配りで作っていくことの大切さを学びました。
 以上
 

2018年5月12日 (土)

MBAエッセンシャル

日経ビジネススクールと早稲田大学ビジネススクールの共催のMBAエッセンシャル計8回に通い始めたので、その復習を書きます。早稲田大が会場で受けた技術士試験はことごとくダメだったので今回はリベンジかも。

第1回 ケーススタディ ジャパネットたかた
 開始早々、新聞記事の読み込みとマーケティング戦略の特徴、顧客は誰か、競争相手、自社の強みは何かについての質問に自分で考える。次に隣の席の方と質問についてお互いに考えたことを話合う。それから教室内から発言をしてもらい、ホワイトボードに書き並べていく。
 製品はナショナルブラントを扱い、大量に単品を仕入れて安売りし、ブランド価値を下げずにセット販売で売る。顧客層はレートマジョリティを狙っている。自社の強みは、高田社長のライブでコールセンターの反応を見ながらTV放送を自社スタジオで行っていること。
 顧客、競争相手、自社の強み全部がストーリーとして整合性があることが、競争に勝つ方法である。

 以上

2017年11月 5日 (日)

遅ればせながら社長就任

6月に社長に就任してブログ名をやっと更新しました。遅くなり申し訳ございません。

なってみると、責任やすることの多さに、報われない仕事だなと感じていたのですが、
初心を思い出しました。
 2009年派遣社員だったのに嫌気がさして、(個人事業主なのに契約上そうなっていました。)後輩からこの会社の状況が悪いことを聞きました。
当時、技術士(総合監理技術)の試験勉強中で、自分がこの管理の知識を生かしてこの会社に貢献できるのではと、ここに戻ったのです。
 1年くらいは引き継いだ状況を維持して、自分の色は出さない予定でしたが、自分の夢なら言うようにしようと思います。
 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年10月 5日 (水)

会社ホームページ更新

長いこと放っておいた会社ホームページが、この度更新されました。

これを機会に、ブログに少しでも何か書こうかと思います。

2016年5月30日 (月)

創立40周年記念会

 4年ぶりにブログ再開します。

40周年で、更新しなさいとお叱りを受けたので。

創立者の方々とお会いでき、お元気でおられたのが本当に良かったです。

 人材を育ててきたと思います。自社や他社でのOJTで鍛えられました。
 この会社のいい所は、真面目にルートマップを作ることだと思います。
調査から帰ってきて、順番にマップに記載を清書して、夜遅くなっても全員が報告してから明日の計画を立てました。
他の会社では、帰ってからトレースに出すくらいです。
 今では地表踏査がほとんどなくなって、強みが生かせていないです。

これからも、先人の教えを守り、真摯に業務に取り組んでまいります。

2012年6月22日 (金)

G空間エキスポ行ってきました。横浜パシフィコ

「震災に備えてG空間情報を有効活用する仕組みをどうつくるか?」GIS学会主催

「良い日本を作りましょう!」(縦割りやビジネスでなく)という言葉が印象に残った。

発表要約(私見も含めて)

「東日本大震災における地理空間情報の利用:その効果と課題」 長坂俊成 防災科学技術研究所

ボランティア支援マップsinsai.jpが7時間で立ち上がった。利用データは期間限定でクラウドで共有された。

問題として、日ごろ使う必要のないデータを誰がどのように持っているか、そして個人情報の取扱を含めた利用ルールの標準化ガイドラインが必要である。

標準API、分散総合運用のツールはそろっている。それを実データでマッシュアップしていく。

クラウドはPaaSではなくSaaSで提供した。

企業や省庁は現地に機材をおくってくれたが、電源、インターネット環境のないところでそれもLANケーブルもなく、ネットの整備は誰がやるのか。コンテンツの組み合わせのイメージが出来ていない。

実際、現場ではPC・プロッタ・通信環境を整えて支援を行った。

危機管理の方策では、たとえば釜石のバックアップを遠野市が行ったが、そのオペレーションはどうするのかといった想像力が必要だ。魂の入っていない危機管理ではだめ。

「自治体における地理空間情報の利用:効果と課題」 醍醐恵二 浦安市

阪神大震災を受けて浦安市では、住民基本台帳の4情報のみをGISとリンクさせ、1ヶ月に1回更新をしている。このことで、下水道の復旧状況の把握は正確に行うことが出来た。

市が担当する下水道は、3/20まで復旧の目途が立たなかった。市民は被害の復旧がいつまでに終わるのかを知りたかったため、4/16日までと宣言した。

震災時は情報が膨大すぎて、職員がGIS入力の対応をできなかった。紙の地図に被害状況をいれて、最終的にGISに入力した。

「ライフライン・交通事業者における地理空間情報の利用」 小林三昭 JR東日本コンサルタント

GDMSというシステムが既に作られていたため、震災後の国土地理院の空中写真を利用し鉄道の被害状況把握と、路線の復旧計画にも使用できた。

課題としては、県と市町村など誰がどういうデータをいつ入力するかの運用である。

「カーナビゲーションデータの利用」 八木浩一 ITS Japan

ITSジャパンはETC、カーナビの利用による渋滞解消、温暖化ガス削減等を研究している。

各自動車カーナビメーカーからのデータを2010から共有開始した。これはカーナビ所有者の会員登録制システムで、自分の車の軌跡を共有して良いとした方のプローブからのデータを利用している。Hondaは2004中越地震の際、通行可能路線のデータ提供を行っている。今回も12日10時から提供を行った。

東日本大震災では3/19から各社のデータ統合版が提供され、1社のデータでは通行不可と考えられていた箇所も通行できることがわかった。また後にトラックメーカからのデータで大型、中型のトラックが進入可能かもわかるようになった。

このデータに国土交通省の被害状況も追加されたが、通行不可の場所が住所のみで記されているため地図に入力の際苦労があった。

震災では、硬いシステムと柔らかいシステム(ツイッター。SNS)が必要で、緊急時・応急時・復旧時に適切な情報が必要となる。

「ボランティアによる地理空間情報の収集・統合・利用支援」 古橋太一 東大空間情報科学センター マップコンシェルジュ㈱ 

ハイチ地震では日本からのオープンストリートマップ(OSM)を用いた支援を行った。

震災後、クローラーと呼ばれる情報発信チームが乗り込んでパノラマ写真、上空からのリモコンヘリによる空中写真等を行い支援を行った。

一億総伊能化(伊能忠敬のように地図を作る)が目標である。

パネルディスカッションを紹介する。

・国の内閣府が防災GIS運用のイメージをしっかり持って、他の機関と協働すべき。

・即時の情報は市民からの情報をGISシステムへ入れることが被災状況把握に重要。それがわからないと、復旧の時間が発信できない。

・現場では紙の情報とデバイスをうまく組み合わせていくことが良い。

・クラウドとオープンソースを使えばもっと導入コストを削減できる。

・正確なデータを発信しようとしないで、概算でもデータを早く出す。

・これらのシステムには、事前デザイン、ポリシーが重要である。

ここからは私の意見。

 阪神淡路大震災のときと比べて、GISの立ち上げや運用ですごく進歩していることがわかった。

 このシステムが個人情報の保護などのルールを明確にして柔軟に運用されれば、次の災害にはさらに威力を発揮すると思う。

 省庁間の垣根や、ベンダーの利益ではなく、国民の安全安心のために叡智結集が理想である。

 自分の業務からいえば、調査においてデータの表現方法としてGISは今後有効なツールであることはわかるのだけど、まだQGISをPCにインストールしただけで、使いこなしていません。今後勉強して少しずつでも使ってみたいです。

 

«日本工学会シンポジウム

フォト

twitter

バナー

  • 世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン">
無料ブログはココログ